借金苦脱出

個人民事再生後の住宅ローンはどうなるの?

個人民事再生後に住宅ローンはどうなるか?ですがこれはそのまま継続して
残ります。残るのですが当然持ち家もそのままで住宅ローンを完済すれば
自分の物になります。

 

 

破産宣告をしてしまうと住宅ローンも無くなるのですが
住んでいる家も無くしてしまうので引越しをしなければいけません。

 

 

民事再生の場合住宅はそのままで債務を大幅に免除され分割で支払うという
多重債務で借金苦に悩んでいる方には大変ありがたい制度です。

 

 

私が知人に言われた言葉ですが「借りるだけ借りて返せなくなれば民事再生するなんて卑怯!」
と言われたのですが私の当時の状況はそんな事言ってられない状態で確かに都合が良い
ことは解っていますがこの制度が無ければもう破産しかありませんでした。

 

 

個人民事再生自体が住宅だけは守ってあげましょう という国の制度だとおもいます。

 

例えば私が住宅を持っていなければ破産宣告しています。

 

私自身に掛かるリスクとしては民事再生でも破産宣告しても殆ど変わらないからです。
管財手続の破産の場合は別ですが通常の破産宣告した場合リスクはほぼ同じです。

 

 

個人民事再生後に住宅ローンがどうなるのか私の経験上からアドバイスしています。
多重債務で借金苦ではあるが住宅がどうなるか心配という方に参考になれば幸いです。