借金苦脱出

任意整理のメリットやデメリットは?どの様な状況なら効果あるの?

任意整理は金融機関(債権者)と裁判所を通さず自分で金融機関に交渉します。

 

金融機関と交渉の結果双方の妥協した債務額と支払い期間や方法を決めていきます。

 

ようするに債権者との和解と考えていいと思います。

 

任意整理のメリットは個人で出来るので費用が余り掛からないという点ですね。

 

 

デメリットとしては

 

借金の交渉と言ってもまだ支払い中のことなので信用情報に貴方の名前が登録されます。

 

よく言われるブラックってやつです。すでにブラックな方なら問題ないですが。でも

 

なにせ素人の自分がその道のプロの債権者と交渉をするので足元を見られ

 

債権者が得をする様に交渉される事が多いみたいです。

 

それに相手は裁判所が介入しないので交渉に応じない場合も多いそうです。

 

 

 

やはりここは個人で交渉するよりプロの弁護士や司法書士などに依頼して交渉してもらう

 

ほうが結果てきにはこちらに利がありますね。

 

 

ですがこれも任意整理のデメリットですが

 

交渉が成功しても利息を無くしてもらって本来の借入は3年ほどで返済になるので

 

多額な借金の場合あまり任意整理が成功しても借金苦からは脱出できないので
得策では無いようです。

 

任意整理が向いていいる人とは自分の借金額の総額の元本は利息が免除されれば
3年ほどで返済できる自身がある方ですね。

 

 

 

特定調停 は上の任意整理を簡易裁判所の調停委員を入れて行うもので

 

裁判所が介入するので債権者も交渉に応じますが 上手くいっても

 

任意整理と同じ効果しかありません。